恒天閣と新月会 - 大阪のイメージを考えたつん角は、大阪の街並みを総合的に見る高さ103メートルの知覚タワーです。5階の知覚デッキに位置するビリケンの彫刻は、あなたが彼の足の底をこすり、これを行う必要がある個人の安定したラインをもたらすというオフチャンスに喜びをもたらすと言われています。

通天閣周辺の領土は新石海と呼ばれ、装身具屋や飲食店で固定されています。ここでは、派手な看板と活気に満ちた気候の間でショッピングや食べ物を鑑賞することができます。これは、レトロなシーンと大阪の食べ物の最高を誇示するよく知られている検出です。

恒天閣と新月会

新石界や通天閣の地域には数多くのカフェが多数あるので、どこを食べ、何を食べようかぎり圧倒されがちです。ガイド付き食品訪問は、信頼できるロードフードと領土の強みをどこで楽しむかを実現するための特別な選択です。

詳しいデータや予約については、道頓堀・新社会地域を通る大阪地方食ツアーをご覧ください。